国際診療を続けていると時折、ややこしい患者がやってくる。今回、紹介する患者もその一人だ。患者は50歳のフィリピン人女性。高血圧で1週間前から診ている患者だ。1週間前、私はこの患者に「次回の診療で降圧薬の効果のチェックと採血をします」と告げていた。

いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書?の画像

ログインして全文を読む