日本臨床内科医会がアマンタジンの効果を過去3年間にわたって調べた結果、年々解熱時間が有意に延長しており、次第に効果が減弱しつつあることが臨床的に示された。今シーズンはオセルタミビルやザナミビルを使用すべきと考えられる。またインフルエンザ罹患時の対症療法として使用する解熱薬は、小児の場合より危険性の少ないアセトアミノフェンが適切である。抗菌薬は、セフェム系よりもクラリスロマイシンの方が咳の早期改善効果が高いことが示された。

抗インフルエンザ薬の使い方を押さえよう その2の画像

ログインして全文を読む