冬期インフルエンザ様疾患の多くの患者からインフルエンザウイルスが分離されるが、アデノウイルスやRSV、パラインフルエンザウイルス、エンテロウイルスなどが分離されることも稀ではない。インフルエンザの診断精度は臨床症状からは約70%といわれており、迅速診断キットを用いることで診断精度は大幅に向上する。この迅速診断キットの感度に影響を与える重要な因子は検体材料の採取法であり、ここでは具体的な方法を紹介する。

インフルエンザ迅速診断キットを使いこなす その1の画像

ログインして全文を読む