前回の記事で、都市部医療における“隙間”を埋める上でPCMHが重要なキーワードになるということはお分かりいただけたと思います。では、その担い手はどのようにして育てればよいのでしょうか?

へき地の家庭医は都市部から生まれるの画像

ログインして全文を読む