今回は前回に引き続き、初期対応の落とし穴について述べましょう。一般的に、刑事の眼光が鋭いことは、皆さんご存知だと思います。それは、相手を威嚇するためではありません。取り調べや尾行の際に、しっかりと“目を凝らして”相手の一挙手一投足を見逃さないようにしなければなりません。こうした日常があるから、結果的に目つきが鋭くなるのです。

「刑事の目線」と「患者への目線」の画像

ログインして全文を読む