最終回は、企業における産業医としての経験について書いてみたい。現在、わが国の産業医は、その多くを内科医が担っていることから、内科医が産業医としてうつ病に対応しなければならない機会も多いからだ。

企業におけるうつの対応の画像

ログインして全文を読む