高齢者も若い世代と同様に、様々な検査により異常が見付からない場合、うつ病が隠れている症例が存在する。高齢者の多くは、仕事の第一線から引退し、子育ても終わり、一見ストレスのない生活を送っているかのように見えるが、実際は社会から隔絶された状況になりやすく、また経済的、肉体的に他者に依存していることが多い。さらに配偶者や友人の死に直面したり、自分自身も病気を発症することが多くなり、若い世代以上にうつ病になりやすいといえる。

高齢者のうつ病、どう診る?の画像

ログインして全文を読む