内科医がうつ病をケアする際、三環系、四環系抗うつ薬に比べて、選択的セロトニン再吸収阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)は副作用が少なく、使いやすいとされている。しかし、SSRIの保険適応病名が「うつ」とあるため、この薬剤の使用を敬遠される先生も多いのではないだろうか。私の経験から、SSRIを使用する際のコツを述べてみたい。

SSRIを使いこなすコツの画像

ログインして全文を読む