2008年10月16日、抗線維化薬のピルフェニドン(商品名:ピレスパ錠200mg)が製造承認を取得した。適応は「特発性肺線維症」であり、用法・用量は「初期用量1回200mgを1日3回食後に経口投与。患者の状態を観察しながら1回量を200mgずつ漸増し、1回600mgまで増量する」である。なお本薬は、空腹時に投与すると、食後投与時に比べて薬剤の血中濃度が上昇し、副作用が発現するおそれがあるので、食後に投与することが定められている。

ログインして全文を読む