米国の医療機関で1970年代に始まったインフォームドコンセントの取り組みは、90年代に日本の医療現場にも紹介され、最近ではすっかり定着した。インフォームドコンセントの実施に際して、院内に面談室などのスペースを設けたり、他の職員を同席させているところもあるが、多くの職員が出入りする部屋の片隅などで行われている場合もある。実際に、インフォームドコンセントはどのような状況で行われているのだろうか。

インフォームドコンセントを実施する場所は?の画像

ログインして全文を読む