近年、勤務医の長時間労働が問題視されており、中でも診療以外の書類作成など煩雑な事務作業が大きな負担となっている。そこで医師の負担軽減を目的として、2008年の診療報酬改定において「医師事務作業補助体制加算」が新設された。算定するには、診断書や処方箋の文書作成などといった作業を代行・補助する事務職員の配置が求められる。では実際のところ、職場に医師事務作業補助者(医療クラーク)がいるという医師はどれくらいいて、どんな仕事を任せているのだろうか。

医療クラークにどんな仕事を任せている?の画像

ログインして全文を読む