開腹手術では従来、結節縫合で閉創するケースが中心だったが、腹腔鏡手術の一般化などに伴い、閉創にもバリエーションが増えてきた。それでは、現場の医師は、腹壁の閉創の際に皮膚・皮下をどのように縫合しているのだろうか。MedPeerが同社のサービスを利用する外科系の医師を対象に実施したインターネットアンケートによると、ステープラーを使用して閉創する医師が41.4%と最も多かった。

腹壁の閉創時にステープラーを使用する医師が約4割の画像

ログインして全文を読む