軽症救急患者の急増は、医療崩壊につながる大きな問題の一つとされている。昨年の中央社会保険医療協議会では、軽症の救急外来患者に対する特別料金徴収の是非が議論されたが、結論は持ち越された。だが、一部では、徴収に踏み切っている医療機関もある。では実際には、どのくらいの医療機関が救急患者に特別料金を請求しているのか。

「救急外来患者から特別料金を徴収」との回答は14%の画像

ログインして全文を読む