2002年に健康増進法が制定され、学校・医療機関など、多くの人が集まる施設の管理者は、受動喫煙の防止に努めなければならないとされ、喫煙所を設けるなど、分煙を実施する施設が増えてきた。また、日本医療機能評価機構は優良病院認定の条件として「全館禁煙」を挙げているほか、06年には、診療報酬上で「ニコチン依存症管理料」が新設。算定条件として、敷地内禁煙が盛り込まれた。

17%の医療機関で、「表向き敷地内禁煙も実は喫煙場所がある」の画像

ログインして全文を読む