昨年12月に発売されたDPP-4阻害薬を処方する際、低血糖を防ぐためにSU薬の減量が、メーカーや学会などから推奨されている。だが、DPP-4阻害薬の処方に当たり、実際にSU薬を十分減量している医師は約半数にとどまることが明らかになった。これはMedPeerが同社のサービスを利用する医師会員にインターネット上でアンケートを行った結果。

DPP-4阻害薬処方の際に「指示通りSU薬を減量する」は49.3%の画像

ログインして全文を読む