TIA(一過性脳虚血発作)が疑われる患者が病院を受診。循環器科医が「異常なし」と判断したものの、その後脳梗塞を発症し、後遺症が残りました。裁判所は、医師がTIAと診断せず適切な処置を行わなかったとして、病院に慰謝料の支払いを命じました。

TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定の画像

ログインして全文を読む