肝癌で死亡した患者の遺族が、早期発見のために必要な検査を怠ったとして、長年診ていたかかりつけ医を訴えました。裁判所は、肝硬変の進行を看過し、必要な検査を実施しなかったとして医師の過失を認めました。

慢性肝炎から肝癌発症 検査怠った開業医に過失の画像

ログインして全文を読む