胃癌疑いで手術予定の患者の病変形態が、術前に変わりました。しかし、担当医は病変の変化を詳しく再検討せず、胃癌疑いのまま手術を実施しました。術後に胃癌でなかったことが判明し、担当医の過失が認定されました。

胃亜全摘術後に胃潰瘍と判明、執刀医が有責の画像

ログインして全文を読む