整形外科診療所の通院患者が、ギプス固定が原因とみられる肺塞栓症で死亡しました。関連ガイドラインの公表4カ月前に起きた事例で、裁判所は当時の医療水準では医師に予防措置を取るべき義務はなかったと判断しました。

ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防義務なしの画像

ログインして全文を読む