脳梗塞による呼吸不全で患者が死亡しました。遺族は、呼吸器の警報音に気付かなかった看護師に過失があると訴えましたが、裁判所は病院の過失を否定したのに加え、延命期間がわずかであれば賠償責任はないとの判断を示しました。

わずかの延命は賠償に値せず、高裁で逆転判決の画像

ログインして全文を読む