入院中の高齢者の爪を無理に剥がしたとして看護師が逮捕・起訴され、一審で有罪判決を受けました。これに対して控訴審で裁判所は、看護師の行為は正当で傷害罪には当たらないと判断し、無罪を言い渡しました。

「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定の画像

ログインして全文を読む