補助人工心臓の治験で植え込み手術を受けた患者が、手術の約1年6カ月後に脳出血を来して死亡しました。裁判所は、プロトコル違反があったと判断。治験と死亡との因果関係も認め、遺族に対する損害賠償金の支払いを命じました。

人工心臓の治験後に死亡、プロトコル違反を認定の画像

ログインして全文を読む