結石の除去手術を受けるも、結石が嵌頓して重症膵炎となり糖尿病を発症した患者が、結石を除去できなかった外科医の過失を訴えました。裁判所は外科医の過失を認めましたが、医療水準の検討などが足りず、疑問の残る判決となりました。

結石除去失敗で膵炎から糖尿病に、過失を認定の画像

ログインして全文を読む