整形外科手術を受けた患者が、術後に褥瘡が生じ敗血症で死亡しました。遺族は、褥瘡の治療が不適切であったとして病院を提訴。裁判所は、医師らの褥瘡予防措置および治療に過失があったと認定しました。

術後の褥瘡で敗血症から死亡、医師の過失認定の画像

ログインして全文を読む