メディアでも大きく報じられた2006年の奈良少年自宅放火殺人事件で、調書の情報を第三者に漏らしたとして、少年とその父親が鑑定医の精神科医を告訴。一審・二審は有罪判決となり、鑑定医が上告しましたが、最高裁は上告を棄却し有罪が確定しました。

鑑定医による情報漏示、最高裁で有罪が確定の画像

ログインして全文を読む