腹痛で救急外来を受診した患者が消化管穿孔に伴う腹膜炎で死亡しました。裁判所は、腹部CTを撮影していれば患者を救命できた可能性が高いとして、医師の注意義務違反を認定しました。…

高齢者の消化管穿孔を見逃し、CT検査を怠った過失を認定の画像

ログインして全文を読む