消化器系の内科医が、胸痛を訴えた患者の急性冠症候群を見逃し、患者は心筋梗塞で死亡しました。一審は専門外だった医師の他院への転送義務違反などを認めましたが、高裁は、徴候の把握は困難だったとして過失を否定しました。

急性心疾患の見逃し、専門外医師の過失認めずの画像

ログインして全文を読む