未破裂脳動脈瘤のクリッピング手術を受けた患者に脳梗塞が生じ、その後誤嚥性肺炎を併発して死亡。遺族が執刀医らの過失を訴えて提訴しました。裁判所は、術前の説明に関する義務違反を認め、自己決定権を侵害したとして損害賠償を命じました。

脳動脈瘤の手術後に死亡、説明義務違反で有責にの画像

ログインして全文を読む