糖尿病患者が入院中に死亡しました。遺族は、適切な治療を怠った病院の過失のほか、患者に対するドクターハラスメントを訴えましたが、裁判所は普段の患者と医師の関係などを総合的に検討し、遺族の訴えを全て棄却しました。

遺族が担当医をドクハラで提訴するも棄却の画像

ログインして全文を読む