精管結紮術を受けた男性の妻が妊娠しました。男性は医師の説明から妻の不貞を強く疑いましたが、DNA検査で男性自身の子であることが判明。夫婦は医師を提訴し、裁判所は医師の説明義務違反を認定しました。

パイプカット術後に妻が妊娠、医師に賠償命令の画像

ログインして全文を読む