外傷が原因で心タンポナーデを起こして死亡した患者の遺族が、症状を見逃して必要な検査・処置をしなかったとして病院の過失を訴えました。裁判所は、症状の見落としはなかったとしつつも、開胸術の遅れがあったと判じました。

ログインして全文を読む