産科医2人が、宿日直などの勤務でも分娩その他の対応は通常の勤務と変わらないとし、割増賃金の支払いを求めて病院を運営する県を提訴しました。裁判所は、その勤務実態から産科医2人の主張をおおむね認めています。

ログインして全文を読む