患者が、入院治療は必要ないと診断された後も退院せず5年以上居座り続けました。病院は患者に何度も退院を求めましたが、応じなかったため提訴。裁判所は、入院から3年後には通院で治療可能だったとし、退院を命じました。

ログインして全文を読む