呼吸器内科を受診していた患者が医師の専門外の進行胃癌で死亡。遺族は、内視鏡検査などを勧めなかったとして医師を訴えました。裁判所は患者の主訴や診療経過などから、医師に診療契約上の債務不履行はないと判じました。

ログインして全文を読む