人工骨頭置換術中に、患者の血圧が急激に低下して死亡しました。最高裁は、全身麻酔薬と局所麻酔薬の投与量の調整を怠った医師の過失と、患者死亡との因果関係を否定した高裁の判決を破棄して差し戻しました。

ログインして全文を読む