手技上のミスにより患者に障害が生じましたが、その障害を治療するための手術を、患者は合併症のリスクなどを理由に希望しませんでした。裁判所は、患者が治癒する可能性を放棄したとし、賠償金を減額しました。

ログインして全文を読む