敗血症で死亡した癌患者の遺族が、カテーテル感染への適切な処置を怠ったとして担当医を訴えました。裁判所は担当医の過失を認め、対処が適正であれば患者は幾分長く生存できたとして慰謝料1200万円の支払いを命じました。

ログインして全文を読む