健診の受診者が、注射針の誤刺入で神経を損傷されたとして、健診機関を相手取って裁判を起こしました。健診機関は患者の症状と注射との因果関係を否定しましたが、裁判所はその主張を認めず、損害賠償の支払いを命じました。

ログインして全文を読む