患者が医療過誤で死亡した場合、異状死として警察に届け出なければならないわけではありません。有名な都立広尾病院・注射器取り違え事件では、「異状死」の定義について、東京高裁の控訴審が最も適切と思われる判断を示しています。

ログインして全文を読む