医師が勧めたC型肝炎ウイルス検査を受けずに肝臓癌で死亡した患者の遺族が、医師に鑑別診断と治療を行うべき注意義務違反があったと提訴。裁判所は、医師が予後や治療法を十分説明して受検を説得しなかったと認めました。

ログインして全文を読む