勤務医の過失で死亡した患者の遺族に示談金を払った病院が、勤務医を被保険者とする医賠責保険による全額保証を求めました。保険会社は医師の責任割合を示談金の5割未満としましたが、裁判所はより高く判断しました。

ログインして全文を読む