診療中の患者に、覚せい剤反応が陽性と出たため、警察に通報しました。診療中に知り得た情報を基に通報することは、守秘義務や個人情報保護の観点から迷うところですが、最高裁はその行為を正当と判断しました。

ログインして全文を読む