X線造影検査の結果、胃潰瘍の可能性が高いとされた患者が他院で胃癌と診断され、半年後に死亡しました。遺族は、最初に診察した開業医が内視鏡検査などを行える医療機関を紹介すべき義務を怠ったと訴え、裁判所もそれを認めました。

ログインして全文を読む