転倒時にくわえていた割りばしが男児の脳内に刺さり、医師の診察の翌日、急変して死亡しました。医師の過失の有無や男児の死亡との因果関係が問われましたが、刑事・民事とも医師の責任は否定されました。(刑事事件:東京地裁2006年3月28日判決、民事事件:東京地裁2008年2月12日判決)

ログインして全文を読む