91歳の入院患者が痰詰まりによる呼吸不全で死亡しました。裁判所は、医師の過失と死亡との間に因果関係は認められないとしつつ、損害賠償を認めました。そこには「相当程度の可能性」で表現された“温情的考慮”があったようです。(東京地裁八王子支部2005年1月31日判決)

ログインして全文を読む