抗精神病薬を服用中の患者が心肺停止に陥り、医師は蘇生のためアドレナリンを投与したが患者は死亡。遺族らは、両剤の併用は添付文書上禁忌だったとして訴えました。だが裁判所は、併用は緊急時の有益な措置として訴えを棄却しました。(大阪地裁2009年3月23日判決)

ログインして全文を読む