大腸ポリープ切除術を受けた患者が出血性ショックで死亡しました。輸血療法が適切だったか否かについて、原告、被告双方が提出した意見書を基に争われましたが、最高裁は病院側の意見書を重視した高裁判決を破棄しました。(最高裁2006年11月14日判決)

ログインして全文を読む