健診で肺癌を見落とされた患者が、11カ月後に別の病院で肺癌を指摘され、手術を受けました。患者は5年生存率が下がったとして医師らを訴え、400万円の慰謝料が認められましたが、この額は妥当なのでしょうか。(東京地裁2006年4月26日判決)

ログインして全文を読む