スタッフのミスが重なり、2人の患者が入れ違ったまま手術が行われました。最高裁は、医師らの注意義務違反を認めつつも、「病院のチェック体制が整備されていれば、医師の責任は問わない」と判断する余地を残しました。(最高裁2007年3月26日判決)

ログインして全文を読む