前回、ダーモスコピー像を見て、「うーん」と10秒考えて納得した診断ができなければ生検・病理診断をすべきという「10 seconds rule」をお知らせしました。

メラノーマの鑑別に役立つ3つのポイントの画像

ログインして全文を読む